体を動かす基本的な動作に幼少期に身につけたい36の動きがあります。

この動きはつかむ、支える、くぐるなどの基本的な動作ですが、幼少年期にしっかりと体験することでその後の基本的動作の基礎になると言われています。

これらの多様な動きはスポーツに限らず鬼ごっこなどの遊びの中にもたくさん含まれています。まぁぶるでは様々な遊具を使い楽しく無理なく習得していきます。